10月, 2011年

経絡とは (メルマガ268号解説)

2011-10-13

経絡とは
経絡(けいらく,Meridian)の経は経脈を、絡は絡脈を表し、古代中国の医学において、人体の中の気血榮衛(気や血などといった生きるために必要なもの、現代で言う代謝物質)の通り道として考え出された。

経脈は十二の正経と呼ばれるものと、八の奇経と呼ばれるものがある。正経は陰陽で分類され、陰は太陰、少陰、厥陰の三陰に、陽は太陽、陽明、少陽の三陽に分けられ、手、足それぞれに三陽三陰の属する経脈が割り振られて計十二脈になる。そして、陰経は臓に属して、陽経は腑に属する。奇経の中では任脈と督脈だけが独自の経穴を持っている。

膀胱、胆嚢、胃の経絡は頭部を通っていますが、腎臓の経絡は足から胸までで頭部は通っていません。

メルマガ最新号配信しました!!

2011-10-12

 こんばんは!
メルマガ「一日一本健康ニュース267号」配信しました。
最近増えてるという休日に起こる社会人の頭痛について書いてます。
是非お読みください。

こんにちは!!

2011-10-06

リニューアル後初めての投稿です。
よろしくお願いします。

Copyright© 2010 - 2017 腰痛、肩こり、冷え性に鍼灸(針灸)専門の新潟-孔雀堂治療院 All Rights Reserved.